水道料金 払えない

給水停止になる前に水道代を払わないと…

忙しい生活をしていると、つい公共料金の支払いって忘れがちになっちゃいますよね。中でも水道代ってけっこう忘れがち。自治体にもよりますが、2ヶ月に1度請求が来るものだからついつい忘れてしまうことも。支払いを忘れてしまい滞納し続けるとどーなるの?

 水道料金については、水道局から送られてくる納入通知書の期限までに料金を支払わないと、催促状そして給水停止予告書が送付されてきます。そして給水停止予告書に記載されて期日までに支払手続きが完了しないと、やむをえない場合を除き給水停止の手続きとなってしまうようです。

自治体によっては、催促状を送っても支払いがされない場合、直接水道局員が給水停止予告書を持参してくるケースもあるみたいです。

 もし納入通知書の期限までに水道代を支払わなかった場合、延滞金は取られるのでしょうか?これも自治体によって対応様々のようです。気になる方は一度地域の水道局にお問い合わせください。

では、給水停止予告書に記載された日までに代金の支払いができず供給停止処分されてしまった場合にはどうすれば供給再開となるのでしょうか。当然のことですが、延滞金も含めて水道料金の支払いをしない限り再供給はしていただけません。代金を支払えば早い自治体では即日のうちに供給再開してくれる水道局もあるようです。

 ともあれ、水道代金を滞納してしまうと余分な延滞金が発生してしまいとても損してしまいます。だったらどうにかして水道料金を支払ってしまいたいものですよね!そこでお勧めするのがプロミスのカードローン!初めての利用であれば30日間金利無料です!!(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

手続きはスマホから審査をするだけでスピード審査・融資が完了します。公共料金等の小額な金額であればカードローンを利用して支払ってしまい、翌月のお給料でカードローンの返済をしてしまえば金利負担ゼロで済むのでとってもお得です。余計な出費をしないためにも上手に賢く便利なサービスを利用していきたいものですね!