携帯代 払えない

強制解約では済まない!?ケータイ代を滞納すると…

現代社会の必需品といえば?おそらく3人に1人はケータイと答えるのではないでしょうか?携帯電話には友人達の連絡先や自分の予定表、さらには好みのアプリといった様々な個人情報が満載の便利なアイテムです。毎日生活する上では欠かせないことは間違いないでしょう。

そんな携帯電話ですが、毎月の利用料金ってけっこう高いですよね。そのため、滞納してしまうことも少なからずあったりしますよね。あれ?でも携帯料金っていつまで滞納しても大丈夫なのでしょうかね・・・?

 携帯料金を滞納した場合のステップは以下の通りです。口座引き落とし日に料金回収できないと、料金支払いのハガキが送られてきます。そのハガキに記載してある支払い期限までに料金の支払いがない場合、通信回線の利用が停止されさらに料金を滞納していると最終的には強制解約ということになってしまうことになります。

最初の支払い期日から2ヶ月ほどで強制解約となるようです。なんだ、結構期間があるし滞納しても解約させられるだけであまり影響ないのでは?と思う方、そんなことはありません!

強制解約されるとどのような影響がでるのでしょうか?携帯電話の機種代金を分割払いで支払っていた場合、これはローンで携帯を購入していることと同じことになります。つまり、強制解約ということは携帯購入代金の踏み倒し、そう、つまりご自身の信用情報に悪影響を及ぼすことになります。

具体的には、ローンやクレジット審査に影響を与え利用できないなんてことにもなってしまう可能性があります。また、強制解約後も督促状が届きますが、それを無視し続けていると、ついには裁判所から支払い通知が届きます。

しまいには、強制執行として財産差し押さえなんて措置がとられてしまうケースもあります。そうにならないためにも携帯料金は滞納せずに、もし支払う余裕がない場合には、親・親友・知人から借りる又はカードローンを利用することで料金を支払うことにしましょう。

携帯代に使うならコレ!アコムなら1万円から利用できる♪