公共料金 払えない

公共料金の支払いが滞ると起こるデメリット

一人暮らしを開始して、間もなくするとやってくる人がいる、そう、NHKの受信料契約だ。NHKの受信料はすべての国民に支払い義務はありませんが、NHKの放送を受信できる受信機があれば、NHKと契約して受信料を支払わなければならないと放送法に定められています。

やっかいな法律ですね・・・(笑)俳優を目指している劇団員の自分は、アルバイトで生計を立てており、金銭的には余裕がないのだけれども・・・まあ、法律で決まっているなら仕方ない、NHKと契約をして受信料を支払うことにしました。さて、支払い方法ってどんなのがあったかというと、基本的に口座振替かクレジットカード払いです。

支払い用紙に口座番号等を記入して、やっと契約手続き完了!と思ったのもつかの間、口座に残高不足で引き落としができなかったみたいだ・・・公共料金の支払いが滞納したらどーなるの???

 公共料金の支払いが滞ると一旦通告という形で催促状が届きます。それでも支払いを滞り続けていると、最終通告の後、強制的に停止されてしまうことになります。それでも支払いを拒否してつづけていると、裁判所にその回収が委ねられてしまうわけです。どんどん問題がエスカレートしていきますね。

さてNHKの受信料滞納はというと、もちろん訪問や書面といった形での督促が行われます。それを無視し続けると裁判所を通じた督促に代わり、最終的には財産差し押さえといった形で強制的に代金回収手続きを講じられてしまうのです!

 こんな大きな問題になるくらいならどうにか資金を工面して支払った方がマシですよね?そんなときには、カードローンがとっても便利!スマフォから簡単な入力で審査が完了し、数日以内に融資されます。

特に利用初めての方には30日間金利無料というサービスをしているカード会社もありますので翌月アルバイトをいっぱいして稼げば金利を払わなくても済みますね!たかが公共料金、されど公共料金です。問題が大きくなる前に事前に資金計画を立てておきましょう

公共料金に使うならココがおススメ!モビットなら手続きも簡単ですぐ利用できる♪